DVMsどうぶつ医療センター横浜は、救急診療センター(旧:横浜夜間動物病院)、二次診療センター、動物CTセンターを運営する動物専門医療機関

Q&A
アクセス
サイトマップ
ER緊急センターはこちら

Q&A

ご来院にあたって

Q駐車場はありますか?
Aはい、ございます。
病院の前にございます。
満車の際には一度降車して、受付にて駐車場をお尋ね下さいこちらでご案内いたします。
Qかかりつけの病院はDVMs動物病院グループの病院ではないのですが診てもらえますか?
Aもちろん診察いたします。
かかりつけの病院がどこの病院であってもかかりつけの病院が特に無くても分け隔てなく診察いたしますので安心して御来院下さい。
Q犬、猫以外の動物も診て頂けますか?
A動物の種類によりますが、診察は可能です。
当院に来院される動物の約95%は犬と猫で占められています。残りの5%のうち、比較的多いのはフェレット・ウサギ・ハムスターでこれらの動物に関しても診察は可能ですが、専門の獣医師は在籍しておりませんので行える検査や治療は限られてしまうことを事前にご了承下さい。
また、それ以外のハ虫類、両生類、魚類、鳥類、昆虫などに関して、お問い合わせ頂くこともございますが、これらの動物に関しては診察を行っておりません。何卒ご了承下さい。
Q入院設備もありますか?
Aはい、ございます。
基本的に入院は、お預かりしてから翌朝までで、それ以後はかかりつけの病院に行って頂くことになります。
しかし、かかりつけ医の都合がつかない場合や、入院室から動かせない絶対安静の場合などはその限りではありません。
Q動物を連れていけないので薬だけ処方してもらえますか?
A誠に申し訳ありませんが、診察を行わずにお薬を処方することはできません。
これは獣医師法で定められており、抵触すれば犯罪行為にもなりかねませんので、どうかご理解の程宜しくお願いいたします。

検査について

Q検査を行った場合、その検査結果を頂けますか?
Aはい、すべて飼い主様にお渡しいたします。
当院で行った検査は全てその場で結果を出して、飼い主様にお伝えいたします。
また翌日かかりつけで一から検査をしなおすことがないように飼い主様がお帰りの際には、その結果を全てお持ち帰りいただいておりますのでご安心下さい。
Q検査を受けないと治療してもらえないのですか?
Aそんなことはありません
当院に来院される患者様のほとんどが、急に心配になったり、急に様態が変化したために夜中にわざわざ御来院されるされる患者様です。
そしてその殆どが初診です。
当院からすると事前の情報(カルテ)の蓄積が何も無い患者様であり、また飼い主様からすると、普段全般の信頼を寄せているかかりつけではない獣医師ということになります。
そのような状況で飼い主様に最大限の安心を提供するためには、しっかりとした検査結果をその場で提示し、緊急性があるか無いかを客観的データで示す。
またそれにより見落としを無くす。
これがもっとも有効な手段と考えておりますので、結果的に検査をお勧めすることが多くなるのは事実です。
しかし決して「検査をさせないなら治療しない」ということではありませんし、闇雲に必要の無い検査を行うことはありません
飼い主様の承諾も無く勝手に検査をしてしまうようなことも絶対にありません。
検査が必要な際には獣医師から事前に説明がありますので、遠慮なくご質問下さい。
Qかかりつけの病院で検査を受けているのですが、改めて検査を受けないといけませんか?
A検査内容や状況によります
かかりつけの病院でおこなった検査結果をお持ちでしたら、全てご持参下さい。
お持ちいただいた検査結果が古かったり、今回の症状と関係の無いものであれば当院で改めて検査を提示させていただく可能性はあります。
しかし、そうでなければ参考にさせていただき、より診察をスムーズに行えるかもしれません。
また同様に現在飲ませている薬のほか、吐物、便、尿なども診断の一助となる可能性がありますので、可能であればご持参下さい。

その他

Q食餌(フード)の販売もしていますか?
A当院にてフード類の販売は行っておりません。
Qペットホテルもやっていますか?
Aペットホテル業務は行っておりません。
申し訳ありませんがお預かりを希望される方のご希望にはお応えできません。
Q夜中でお金が用意できないので支払いは後日でも良いですか?
Aお支払いは全て即日その場でお願いしています。
現金のほか、カードによるお支払いも可能ですので、ご理解の程宜しくお願いいたします。
Qワクチンを打ってもらえますか?フィラリアの検査・予防薬の処方をお願いできますか?
Aワクチン・フィラリア等予防目的の診療は行っておりません。
当院はあくまで、かかりつけの病院が閉まっている夜中の間におきた怪我や病気を検査、治療するための病院ですので、ワクチンやフィラリア等予防医療に関する薬剤や検査キットは常備しておりません。
それらに関しましてはかかりつけの動物病院でお願いしてください。
Q動物健康保険は使えますか?
Aはい、お使いいただけます。
アニコムの保険に関しては、有効な保険証書をお持ち頂ければ、会計の際にその場で手続きが可能です。
その他の保険に関しては、所定の用紙をお持ち頂ければ、獣医師が必要事項を記入いたしますので、後日飼い主様ご自身で手続きを行ってください。
DVMsどうぶつ医療センター横浜 Pagetop

(C)2015 DVMs Animal Medical Center Yokohama All right reserved.