DVMsどうぶつ医療センター横浜は、救急診療センター(旧:横浜夜間動物病院)、二次診療センター、動物CTセンターを運営する動物専門医療機関

Q&A
アクセス
サイトマップ
ER緊急センターはこちら

レッグ・ペルテス病(大腿骨頭虚血性壊死)

レッグ・ペルテス病は若齢期の小型犬の大腿骨(太ももの骨)の骨頭が壊死(死んでしまう)してしまう疾患です。
人では発生率に男女差がみられますが犬では一部の犬種をのぞき発生に雌雄差は認められません。この疾患は4~12ヵ月齢の成長期に発症します。

病因

はっきりとした疾患の原因は不明ですが大腿骨の大腿骨頭に栄養を供給している血管からの血液供給が途絶え大腿骨頭が虚血する事によって骨の壊死が生じます。さらに骨が壊死する事によって骨が脆くなり二次性に骨折を起こし、激しい疼痛の原因になります。

症状

この疾患では股関節の伸展時に疼痛を示します(足を後ろへ引くと痛がる)。また、疼痛によって犬は罹患した足を使用しなくなり筋肉量が減少するので左右の大腿部の周囲径(太ももの厚さ)が細くなります。また犬を後ろ足だけで二本足にして立たせた場合、レッグ・ペルテス病に罹患している足をあげようとします。(犬は痛みにより足を伸ばさないようにします。

検査

レントゲン検査/CT検査股関節のレントゲン撮影を行う事で疾患中期以降の犬ではレッグ・ペルテス病の診断を下す事が可能ですが、疾患の初期段階ではCT検査を行って初めて診断が可能になる事もあります。

治療

一度壊死をした大腿骨頭は再生しないため、基本的には壊死している骨頭を外科的に切除する大腿骨頭切除関節形成術が適応となります。
レッグ・ペルテス病(大腿骨頭虚血性壊死)

DVMsどうぶつ医療センター横浜 Pagetop

(C)2015 DVMs Animal Medical Center Yokohama All right reserved.