DVMsどうぶつ医療センター横浜は、救急診療センター(旧:横浜夜間動物病院)、二次診療センター、動物CTセンターを運営する動物専門医療機関

Q&A
アクセス
サイトマップ
ER緊急センターはこちら

犬のリンパ腫

リンパ腫とは、白血球のうちのリンパ球が腫瘍性に増殖する疾患です。リンパ腫といっても発生する場所やタイプ、挙動は様々であり、治療方法もそれぞれで異なります。リンパ腫はリンパ節や皮膚、消化管など体のどの部位にも発生する可能性があります。最も頻繁にみられるタイプは多中心型と呼ばれるもので、はじめは一つのリンパ節から発生し、進行すると全身のリンパ節の腫大を引き起こし、さらに肝臓や脾臓、血液などへ拡がっていきます。

症状

リンパ腫のタイプによって異なります。高悪性度の多中心型リンパ腫の場合、リンパ節が腫れても、はじめのうちは症状がないことも多いですが、無治療で経過すると急速に進行し、最終的に死に至ります。一方で、進行が緩徐であり、長期間症状を起こさず、症状が問題となるまで治療を開始しないタイプのリンパ腫もあります。

診断

リンパ腫の診断は細胞診または病理組織検査によって行われます。リンパ腫は基本的に全身性の疾患であるため、X線や超音波検査など画像検査を行い、体腔内にも病変がないかを確認します。画像検査は治療のために必須となるものではありませんが、治療反応の予測や他の疾患の有無を確認するために実施することが推奨されます。リンパ腫の診断の裏付けや予後予測、治療計画のために、血液検査や遺伝子検査が必要となることもあります。

治療

リンパ腫のタイプによって異なりますが、基本的には抗がん剤を使った治療が主体となります。リンパ腫に対する抗がん剤治療には様々な方法(プロトコール)があり、それぞれに利点と欠点が存在します。リンパ腫のタイプや状況によっては、外科や放射線療法を用いることもあります。
犬のリンパ腫

DVMsどうぶつ医療センター横浜 Pagetop

(C)2015 DVMs Animal Medical Center Yokohama All right reserved.