DVMsどうぶつ医療センター横浜は、救急診療センター(旧:横浜夜間動物病院)、二次診療センター、動物CTセンターを運営する動物専門医療機関

Q&A
アクセス
サイトマップ
ER緊急センターはこちら

診療内容

総合診療外科

総合診療外科では、外科系診療を担当し、各種検査による診断や外科手術を実施しております。

診療担当獣医師 : 渡邊俊文

診療日程:毎週月・木曜日

担当獣医師経歴
所属学会 獣医麻酔外科学会
日本獣医腎泌尿器学会
IRIS(International Renal Interest Society)
1978 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
1983 麻布大学大学院獣医学研究科博士課程修了(獣医学博士)
2006〜 日本小動物内視鏡推進連絡会副会長就任
2008 小動物外科専門医協会設立専門医認定

診療担当獣医師 : 三品美夏

診療日程:毎週月・木曜日

担当獣医師経歴
所属学会 日本獣医学会
日本獣医麻酔外科学会
日本獣医腎泌尿器学会
1997 麻布大学大学院獣医学研究科博士課程修了(獣医学博士)
1999~ 麻布大学獣医学部附属動物病院 腎・泌尿器科 専科研修医
2004~ 当二次センター総合臨床・泌尿器科担当医・専任麻酔医
2009~ 麻布大学附属動物病院 特任助手
 

総合診療内科

内科系診療を担当し、必要に応じ血液検査、内視鏡検査、CT検査、MRI検査、循環器検査はどの各種検査・治療を行います。

腎泌尿器科

診療担当獣医師 : 渡邊俊文

診療日程:毎週月・木曜日

診療担当獣医師 : 三品美夏

診療日程:毎週月・木曜日

内科

診療担当獣医師 : 金本英之

診療日程:毎週月・火・水・金・日曜日

担当獣医師経歴
2006 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
2010 東京大学大学院 農学生命科学研究科 博士課程(獣医学専攻) 修了
2011 ユトレヒト大学 伴侶動物臨床獣医学研究室 客員研究員
2012 東京大学付属動物医療センター 特任助教
2016 東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医内科学研究室 特任助教
現在 DVMsどうぶつ医療センター横浜 二次診療センター 内科医長

腫瘍科

診療担当獣医師 : 佐々木悠

診療日程:毎週月・水・日曜日

日本獣医がん学会腫瘍科認定医  日本動物病院協会内科認定医
担当獣医師経歴
所属学会 日本獣医がん学会
日本獣医麻酔外科学会
日本動物病院協会
2006〜 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
2006〜2011 静岡県内動物病院にて勤務
2009〜2011 麻布大学附属動物病院腫瘍科専科研修医
2011〜2013 日本獣医生命科学大学獣医臨床病理学教室研究生
2011〜 複数の動物病院にて腫瘍科・総合診療科担当
2012〜2015 都内検査会社にて嘱託細胞診断医
2013〜 日本大学大学院獣医学研究科獣医外科学教室研究生
2017〜 DVMsどうぶつ医療センター横浜 二次診療センター 腫瘍科医長

循環器科

高性能な超音波診断装置や心電図を用いて診療を行っております。慢性心臓病の治療、心雑音精査や不整脈、麻酔前検査など迅速な対応を心がけております。お気軽にご相談いただければと思います。

診療担当獣医師 : 鈴木珠未

診療日程:毎週 日・月・金・土曜日

担当獣医師経歴
2005 麻布大学卒業
2005〜2017 越谷動物医療センター従事
2013〜2014 どうぶつの総合病院 循環器科 研修医
2014〜現在 麻布大学付属動物病院 循環器科 研修医
2017 DVMsどうぶつ医療センター入職

脳神経科

診療担当獣医師 : 中島裕子

診療日程:毎週 月・木・金・土曜日

症例紹介

脳神経科の症例紹介はこちら

担当獣医師経歴
所属学会 獣医神経病学会
2006 日本大学性物資源科学部獣医学科卒業
日本動物高度医療センター神経科勤務
2010 同大大学院獣医学研究科博士課程修了
2012 DVMsどうぶつ医療センター横浜
二次診療センター整形外科神経疾患部門担当
2014 同センター脳神経科

行動診療科

攻撃行動、過剰な吠え行動、不適切な排泄行動など、人との生活において困る行動や、花火や雷などに対する異常な恐怖症といった問題を、カウンセリングを中心にして診断治療する科目です。他にも、常同障害(尻尾を追い続ける、自傷するなど)や高齢性認知機能障害(いわゆる痴呆症)などにも対応を致します。
初診では2時間たっぷり時間をとり、困った問題を中心にお話を伺い、その後対応方法や投薬についてのお話をします。

診療担当獣医師 : 三木美里
アドバイザー : 入交眞巳(米国動物行動学専門医)

診療日程 : 土曜日(月1回)・日曜日(月1回)

 

整形外科

DVMsどうぶつ医療センター横浜 整形外科の手術室は全室が陽圧手術室となっており関節鏡検査機器(Storz社製)やMR・CTなどの先端機器を用し先進の最高水準獣医療を動物達に提供をできるよう努めております。また手術・診断を実施する一方で、義肢装具(コルセットなど)や理学療法(リハビリテーションなど)を積極的に取り入れ術後管理や内科治療にも力を入れており、外科チームリハビリチームが包括的に動物の運動機能回復を目指しております。画一的な治療ではなく、それぞれの症例に応じたオーダーメイドの治療を組み立てることで、より一層のQOLの向上に全力を注いでいます。先生方からのご紹介をお待ちしております。

診療担当獣医師 : 森淳和

診療日程:毎週 火・水・木・土・日曜日

NPO法人日本動物遺伝病ネットワーク(JAHD)理事長
担当獣医師経歴
所属学会 獣医麻酔外科学会
日本身体障害者補助犬学会
獣医臨床遺伝研究会
日本動物リハビリテーション研究会
1998 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
2001~2007 麻布大学付属動物病院整形外科専科所属
2004 PennHIP認定医師格取得
2006 国際蓄犬連盟股関節国際会議日本代表参加
2007~ 麻布大学外科学第二研究室所属
現在 都内3病院にて整形外科専任非常勤勤務

診療担当獣医師 : 小林聡

診療日程:毎週 火・水・木・土・日曜日

D.V.M PH.D
担当獣医師経歴
所属学会 獣医麻酔外科学会
2006 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
2006〜2009 都内動物病院にて勤務
2008 PennHIP認定医師格取得
2008~ DVMsどうぶつ医療センター横浜 二次診療センター整形外科勤務
2012 麻布大学大学院獣医学研究科博士課程修了(獣医学博士)
2012~ 麻布大学共同研究員

診療担当獣医師 : 安川慎二

診療日程:毎週 火・水・木・土曜日

症例紹介

整形外科の症例紹介はこちら

D.V.M. Ph.D
担当獣医師経歴
所属学会 獣医麻酔外科学会・横浜市獣医師会
2009 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
2009〜2012 神奈川県内動物病院にて勤務
2009〜2012 DVMsどうぶつ医療センター横浜 二次診療センター整形外科研修医
2012〜 DVMsどうぶつ医療センター横浜 二次診療センター整形外科勤務
2016 日本大学大学院獣医学研究科獣医学専攻博士課程修了研究テーマ:
犬の膝蓋骨内方脱臼において生じる骨変形と病態の解析
2016〜 日本大学獣医外科学研究室 研究員
整形外科に特化した集団 『ONE for Animals』

皮膚科

皮膚疾患は症状が長い期間にわたって続くことが多いため、初診時には受診までの経過を丁寧にお伺いします。そのため、1回の診察時間は長めに設定し、初診は1時間30分、再診は45分となっています。 問診と身体検査の結果により、検査を行います。皮膚科では、皮膚病を診断するための検査として、皮膚科検査、アレルギー検査、皮膚生検などを行います。また、他の内臓疾患により皮膚病が生じることがあるので、動物の状態によっては血液検査、内分泌学的検査、レントゲン検査などを実施する事もあります。

診療担当獣医師 : 柴田久美子

診療日程:毎週 月・金曜日 隔週 日曜日

担当獣医師経歴
所属学会 日本獣医皮膚科学会
アジア獣医皮膚科学会
ヨーロッパ獣医皮膚科学会
日本皮膚科学会(賛助会員)
1993 日本獣医畜産大学獣医学部獣医学科卒業
1993~1995 日本獣医畜産大学家畜病院所属
1996~2004 日本大学アニマルメディカルセンター所属
1998~2008 都内皮膚科専門病院勤務
担当獣医師からのコメント

動物にはいろいろな皮膚病があります。病気によっては治療に時間がかかるものや生涯にわたる管理が必要なものもあります。皮膚科外来ではさまざまな検査や問診で皮膚病を診断し、適切な治療と、それぞれの皮膚の個性やライフスタイルに合わせた付き合い方ができるよう、ホームドクターと協力して治療を進めていきます。

DVMsどうぶつ医療センター横浜 Pagetop

(C)2015 DVMs Animal Medical Center Yokohama All right reserved.