DVMsどうぶつ医療センター横浜

二次診療センター概要



概要案内

GUIDE

高度医療をできるだけ身近に利用していただきたい

設備の整った高度医療は、一部の専門医や、遠い上に数ヶ月の予約待ちが必要な大学病院等、一握りの二次診療機関に限られていました。
当センターはそんな高度医療を希求する方々に、
できるだけお待たせすることなく身近にご利用していただくことを目標に開設されました。
曜日ごとに各分野の専門性の高い診療を行っております。
当センター受診後は紹介元のかかりつけ動物病院と連絡を取り、継続した治療を、かかりつけの病院でお受け頂くことが可能です。
診療に対するご希望がございましたら、可能な限り対応致しますので御遠慮なくお申し付け下さい。
身近で親しみやすく、お気軽にご利用頂ける二次診療を、当センターは目指しております。


基本情報

所在地
〒224-0044 神奈川県横浜市都筑区川向町966-5
電話番号
045-479-6999
FAX番号
045-473-1208
診察時間
9:00〜19:00(年中無休)


センター長メッセージ

MESSAGE

獣医学の進歩に伴い、以前は十分な診断ができずに治療が行われていた症例や、治療法が見出せずにあきらめていた症例も、現在では様々な検査・治療のアプローチが可能になってきています。

当センターは、地域に根ざした犬と猫の二次診療センターを標榜して2008年に立ち上げられ、設立後10年を経過しました。

この間、整形外科・外科・腎臓泌尿器科・循環器科・皮膚科・神経科など、専門性を高めた診療科を順次開設、2017年には内科・腫瘍科を新たに開設し、地域獣医療の中心として、ご家族のみなさま、そしてかかりつけ医の先生方のニーズに応えた診療を実現できる体制を整えて参りました。受診にあたっては、可能な限りご家族のご希望に寄り添った診療を心がけています。診療に対するご希望がございましたら、何なりとお申し付けください。

二次診療センター長 金本英之

看護師長メッセージ

MESSAGE

当院には、色々な症状の患者様がいらっしゃいます。


病気を抱えて不安な気持ちで訪れるご家族と動物が安心して医療を受けられるよう、ご来院時から、検査、治療、入院、退院まで、すべての過程で不安やストレスなく、安心できる環境をご提供できるように努めております。

また、入院の際には、重篤な症状や特殊な看護が必要な症例にも対応できるよう、その子その子に合わせた看護計画を獣医師・動物看護師が計画・共有しながら細やかな24時間看護体制を整えております。大切な患者様を責任持ってお預かりいたします。

ご面会時など動物看護師が対応させていただくことが多いですが、些細な事でも、遠慮なくご相談ください。


患者様・ご家族様が笑顔でご帰宅されることが、一番の幸せです。皆様の笑顔と健康に貢献できるよう、病院スタッフ一同日々精進してまいります。

動物看護師長 三村志保

求人情報

RECRUIT

救急診療・二次診療・CT、MRIといった高度な医療検査とかかりつけの病院による「チーム医療」、また各症例に対しても獣医師・看護師がチームを組み、動物たちの様々な病気に立ち向かうことで、ここでしか経験できない多くの知識・スキルを身につけることが可能になります。無獣医時間帯をなくし、動物や飼い主様に安らぎを提供するDVMsのスタッフとして働いてみませんか。
DVMsに興味を持っていただけた方は、是非お気軽にお問合せください。

pagetop