INTERVIEW

インタビュー

二次診療西山獣医師

出産後も魅力的な先生方と
学び続けられる環境

SP獣医師 西山先生

専門的な内容を学ぶことができる環境に圧倒された

出産後も仕事を続けたい気持ちが強く、仕事をするからにはちゃんと仕事をしたい、少しずつでも獣医師として日々成長したいという強い気持ちがありました。病院を探している中、同級生からの「ニ次診療も一度見てみたら?」というアドバイスからDVMsを紹介してもらい、一度見学に行ってみました。
実際に見学をすると症例数が多く、幅広い科をみること出来ることに加え、より専門的な内容を学ぶことができる環境に圧倒され、この環境下で仕事をしたいと思い入社しました。実際に働いている先生方が魅力的だったのも大きな理由の1つです。

仕事内容は多種多様、毎日が新鮮

主に入院管理、麻酔管理、問診、検査、診察補助など多岐に渡ってお仕事をしています。専門科の先生方の診察や治療内容を間近にしながら仕事を行える恵まれた環境下にいますので、自分が担当医だったらどうするか考えながら検査や処置を行うようにしています。仕事内容が多種多様なので日々新鮮な気持ちで取り組んでいます。

大変だからこそ感じるやりがいと習得できる知識の幅広さ

症例数が多く、重症の子も多いため日々緊張感が絶えません。また、入院している全ての子の状態や経緯を把握するのは容易ではないことに加え、夜間の救急の子が日中急変することもあるので、効率よく日中の業務を行わないと現場が回りません。
しかし、それらの日々の業務から専門的な内容を多く学ぶことができます。CTやMRI、内視鏡、腹腔鏡等の検査機器が揃っており、操作方法や読影をするチャンスが豊富にあります。麻酔管理や検査手技を担当する機会も多く、以前より論理的な考え方が身につきました。よりマイルドな麻酔管理や精度の高い検査を行うことが出来るようになったと思います。
麻酔管理中、痛がることなく麻酔管理後に穏やかな覚醒をすることが出来た時や、抗がん剤治療を行なって無事にQOLを維持できている子、入院管理をした子たちが無事にお家に帰っていくときには心から良かったと思いますし、オーナー様に感謝のお言葉を頂くときはやりがいを感じます。

子育てと仕事の両立できる環境

現在の勤務時間は8時半から17時まで勤務させていただいています。入社当時は業務のレベルの高さに戸惑いながら、周りのスタッフに支えられ日々の業務をこなすのが精一杯でした。子育てとお仕事の両立は想像以上に大変でしたが、理解ある上司のもと職場のスタッフに支えられながら仕事を続けることが出来ています。
チームワークも良く現場の雰囲気も良いので是非一度見学にいらしてみてください。